ま行

むちうち症(頚椎捻挫・外傷性頚部症候群)

「むちうち症」は、正式な診断名ではなく、「頚部捻挫」あるいは「外傷性頚部症候群」といった診断名がくだされる症状の俗称です。頚の周りの筋肉・軟部組織が損傷を受け、後頭部痛や前頸部痛、背部痛といった症状がみられますが、被害者の体質・年齢や事故状況によっても出てくる症状は変わってきます。
頚椎捻挫は、むちうち症の中でも比較的軽く、頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靭帯などが損傷した状態のもので、むちうち症の約70%を占めるといわれています。

外傷性頚部症候群は、むちうち症の症状が出た場合の一般的な診断名ですが、「バレー・リュー症候群型」「神経根症状型」「低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)」といったものもあり、それぞれ治療法が異なります。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート