あ行

アジャスター

事故が起きた際、自動車の損傷状態を調査して損害額の認定を行う専門家。

慰謝料

人的損害により生じた精神的苦痛に対して支払われるお金。

逸失利益

交通事故によって得る事ができなくった収入等、本来得られたであろう利益。入院等、治療中で収入を得られなかった場合や後遺症の為に収入が減ってしまった場合、その減額した分を請求できます。

一括払制度・非一括払制度

賠償額が自賠責保険の限度額を超えるような場合、加害者が任意保険に加入していれば、その超過額は任意保険が補填することになります。
自賠責保険会社と任意保険会社が別々の場合、被害者は両社に賠償請求をする必要が出てきます。その手間を省くために用意されているのが、任意保険会社が自賠責保険の支払い分もまとめて一括で被害者に支払う「一括払制度(一括請求)」です。任意保険会社が立て替えた自賠責保険分の支払いは、任意保険会社から自賠責保険会社に請求することになります。

被害者は、請求手続きを任意保険会社にのみに行うだけで済むため、手続きが簡素化されます。
一括払制度を利用するには、被害者の加入する任意保険会社から「同意書」が送られてくるので、その中で一括請求に同意し、返送すれば手続き完了です。もちろん、拒否することもできます。
過失割合や等級認定などで任意保険会社との示談交渉が進まない場合は、自賠責保険会社に被害者請求することも可能です。自賠責保険は、被害者の過失割合が70%未満であれば減額がないので、比較的早く保険金が支払われるケースが多いのと、自賠責保険での等級認定が任意保険会社との交渉に有利に働く場合もあります。

どちらを選択したほうがいいかは、事故状況、傷害の程度など個々の案件によって異なってきますので、一度専門家に相談することをおすすめします。

異議申し立て

後遺障害の等級に非該当とされたり、被害者の実感よりも低い等級となったり、後遺障害の等級認定の結果に納得ができない場合は、異議申し立てをすることができます。
体の一部を失ったり、顔に傷跡が残ったり(顔面醜状)といった、視覚的にもわかりやすい後遺症の場合は、後遺障害の等級認定の結果で争いとなるということは多くないですが、高次脳機能障害や、頚椎・腰椎損傷によるしびれや痛み、頭痛といった後遺症は、画像所見や検査所見などで明らかな異常を認められなかったり、その程度の判断が難しく、症状の実態が等級認定の結果にきちんと反映されないこともあります。

そういった場合の救済制度であるのが、異議申し立てです。異議申し立ては、自賠責保険の被害者請求をしている場合は自賠責保険会社に対して、任意保険の事前認定をしている場合は任意保険会社に対して異議申立書と、等級認定結果を不当とする根拠となる医学的資料を提出することで行います。異議申し立てで一番大切なのは、後遺障害等級を認める根拠となり得る検査所見など医学的な証拠をきちんと示すことです。
事前認定もしくは被害者請求の際に提出した資料を専門家と検証し、どういった追加資料を準備するかの対策を練ることが、異議申し立てにより等級認定を勝ち取るポイントでもあります。

運行供用者

運行支配と運行利益が帰属する者。自動車の所有者、所有者から借りている者、レンタカー営業主も運行供用者にあたる。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート