費用が用意できないからと、
泣き寝入りをしないための弁護士特約

弁護士に相談すると費用が高そう…
弁護士費用なんて用意できない

弁護士費用特約なら弁護士費用が実質0円!!
  • check

    平均300万円までの弁護士費用を、保険会社が補償

  • check

    自身の保険に特約がついていない、または加入していない場合でも、家族の保険についていれば、利用できることも!

「弁護士費用特約」とは?

弁護士費用特約とは、無過失部分の交渉に関して相手の言い分が適正ではない場合、
弁護士への相談料10万円と弁護士費用300万円までを保険会社が補償してくれるオプションです。
配偶者・家族も利用できるものや、歩行者側だった場合の事故でも利用できるものがあります。

「弁護士費用特約」が必要なのはこんな時!

加害者側の保険会社の対応があまりにも酷い!
でも私に過失がないから、私の保険会社の担当は代理で交渉はできないって言われてしまった……
一体どうしたらいいの?

交通事故にあった場合、通常であれば加入している保険会社が相手方と示談交渉を行います。
しかし、これは「あなたに過失があり、相手に賠償しなければならない範囲」の交渉です。保険会社に損失がない場合、保険会社があなたの代理で交渉をすることは、弁護士法で禁止されているのでできません(詳しくはこちら)

そんな時に役に立つのが「弁護士費用特約」です。

この特約をつけていれば無過失部分の交渉に関して相手の言い分が適正ではない場合、弁護士への相談料10万円と弁護士費用300万円までを保険会社が補償してくれるのです。

したがって、弁護士への費用が300万円以内に収まるのであれば、実質0円で弁護士を代理人とすることができます。(ほとんどの場合、弁護士費用は300万円以内に収まります)

これにより代理交渉はもちろん、その後の対応や賠償金の額なども大きく変わります。

交通事故の損害賠償の基準は
「自賠責保険基準」<「任意保険基準」<「裁判基準」

つまり、弁護士費用特約を利用することで、
保険会社が交渉する事ができない部分の交渉と、
その基準を裁判所基準に近い額で交渉できる、

という二重のメリットが生まれることとなります。

弁護士費用特約には配偶者やご家族も利用できるものや、歩行者側だった場合の事故でも利用できるものがあります。
自分が加入していなかったからと諦めてしまわずに、保険会社やご家族に確認をしてみましょう。
※使用できる条件は保険会社によって異なります。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート