交通事故損害賠償関連の解決事例

弁護士に依頼をしたことで、賠償金額が増加した事例

case1624万円の賠償金額が、交渉により2,712万円に
2,088万円の増額!

被害者:男性(22歳・会社員)/ 後遺障害等級 10級11号

事故の詳細

事故状況
二輪車VS車
経緯

優先道路を直進中、一時停止の規制のある側道から車両が飛び出してきて衝突した。

過失割合
10%
受傷状況
通院 後遺症有
通院期間 162日
実通院日数 12日
保険会社提示額 弁護士に依頼後
通院慰謝料 50万円 176万円
後遺障害慰謝料 250万円 550万円
後遺障害逸失利益 394万円 2,287万円
合計 694万円 3,013万円
過失相殺後 624万円 2,712万円

Case2死亡事故でも保険金0円提示。弁護士が交渉することで、
2,570万円の受取が可能に!

被害者:女性(66歳・主婦)/ 死亡

事故の詳細

事故状況
経緯

S字カーブを曲がっている途中にある電柱に衝突した自損事故。
ご相談時、自身の保険会社に保険金の請求をしたが、脳梗塞が事故の発生原因であり、保険金を支払ってもらえない状況であった。

受傷状況

死亡

保険会社提示額 弁護士に依頼後
死亡慰謝料 0万円 1,500万円
死亡逸失利益 0万円 1,008万円
葬儀代等 0万円 62万円
合計 0万円 2,570万円

Case3638万円の賠償金額が、交渉により1,473万円に。
835万円の増額!

被害者:男性(36歳・無職)/ 後遺障害等級 11級7号

事故の詳細

事故状況
二輪車VS車
経緯

交差点で右折の為、停止していたところ、前方不注視の車両に衝突された。

過失割合
0%
受傷状況
通院 後遺症有
入院期間 76日
通院期間 316日
実通院日数 11日
保険会社提示額 弁護士に依頼後
入通院慰謝料 128万円 209万円
後遺障害慰謝料 336万円 420万円
後遺障害逸失利益 174万円 844万円
合計 638万円 1,473万円

Case4高齢者と自転車の接触事故、弁護士が交渉することで
408万円の増額!

被害者:女性(75歳・主婦)/ 13級8号見合い

事故の詳細

事故状況
徒歩VS自転車
経緯

歩道を歩行中、脇見運転していた自転車が衝突した。

過失割合
0%
受傷状況
通院 後遺症有
入院期間 96日
保険会社提示額 弁護士に依頼後
入通院慰謝料 151万円 259万円
入院諸雑費 22万円 30万円
休業損害 115万円 163万円
後遺障害慰謝料 57万円 180万円
後遺障害逸失利益 50万円 171万円
合計 395万円 803万円

Case5兼業主婦の休業損害金額も、
交渉により2倍以上に

被害者:女性(51歳・パート)/ 14級9号

事故の詳細

事故状況
車VS車
経緯

歩道を歩行中、脇見運転していた自転車が衝突した。

過失割合
0%
受傷状況
通院 後遺症有
通院期間 497日
実通院日数 251日
保険会社提示額 弁護士に依頼後
通院慰謝料 107万円 112万円
休業損害 59万円 134万円
後遺障害慰謝料 50万円 110万円
後遺障害逸失利益 33万円 78万円
合計 249万円 434万円

※金額について、千円以下の単位は省略しております。

慰謝料問題、保険会社の対応トラブル等
お気軽にご相談ください!

  • 全国対応・24時間 無料相談 予約受付
  • 医療調査もサポート