任意保険とは

任意保険とは、自由意思で加入する保険です。
自賠責保険は対象が人身損害に限られますが、任意保険は契約の種類によって、自賠責保険でカバーできない範囲も対象になり、対物・自損事故も補償でき、支払い限度額も加入者が選択することができます。

また任意保険では、過失割合に応じて過失相殺が認められ、保証金額が減額されます。

自賠責保険 任意保険
加入義務 強制加入 任意
補償対象 人身損害のみ 人と物が対象
支払限度額
  • 傷害120万円 
  • 死亡3000万円
  • 後遺障害75~4000万円
保険会社独自の基準
過失相殺 過失割合が70%以上の時のみ減額 過失割合に応じて減額
示談交渉代行サービス なし 対人賠償保険には付帯していることがほとんど
請求方法 加害者請求
被害者請求
被害者請求
任意一括払い制度

任意保険の請求方法

任意保険の請求方法は2種類あり、自賠責保険でカバーできない分を任意保険で請求する方法と、任意一括払いという制度を利用する方法とがあります。

任意一括払い制度とは?

任意一括払い制度とは、加害者が加入している任意保険会社が自賠責保険の分も立て替えて被害者に一括で支払う制度です。
自賠責保険には任意保険会社から請求します。被害者または加害者は、自賠責保険に請求する手間を省くことができます。

ただし、この制度を利用すると、損害額を任意保険会社独自の支払い基準で算定することを了承することにもなります。
一度示談に応じてしまうと、その後、予想以上に治療が長引いたり、思わぬ後遺障害が残った場合でも、賠償額の増額は認められないことがほとんどです。
任意保険会社から提示された賠償額に納得できない場合は、自賠責保険の被害者請求を先行させましょう。

また、治療費など、当座のお金に困っているときや、示談の話し合いが長引くような場合も、自賠責保険に被害者請求し、その後に任意保険会社と示談交渉することをおすすめします。

任意保険の種類

任意保険には、さまざまな保険の種類があり、自賠責保険ではカバーできない補償内容を提供しています。

対人賠償保険 事故で相手を死傷させた場合、自賠責保険の限度額超過分の補償
対物賠償保険 事故で物を損傷させた場合の補償
自損事故保険 自身の単独事故、相手の責任がゼロの事故による死傷の場合の補償
搭乗者傷害保険 被保険車両の搭乗者が死傷した場合の補償
車両保険 災害、盗難、事故などで自分の車が損害を受けた場合の補償
無保険車傷害保険 相手が保険に未加入、ひき逃げだった場合の、自分の死傷を補償
人身傷害補償保険 災害、盗難、事故などで自分の車が損害を受けた場合の補償
示談交渉サービス 被保険者のために折衝・示談・調停・訴訟の手続きを代行するサービス

任意保険のセット加入

○:カバー  △:任意  ×:対象外

保険の種類
SAP(※1 PAP(※2 BAP(※3 ドライバー
保険(※4
対象車種 自家用5車種 全車種 全車種 全車種
対人賠償保険
対物賠償保険
自損事故保険
搭乗者傷害保険 × ×
車両保険 ×
無保険車傷害保険
歩行中や他車同乗者も対象

被保険車搭乗中に限定
× ×
人身傷害補償保険
示談交渉サービス
対人・対物

対人のみ
× ×
(※1 【SAP(スペシャル・オートモービル・ポリシー:自家用自動車総合保険)】

対人・対物・自損事故・搭乗者傷害・車両・無保険車障害の、6つの保険の補償内容がセットとして組み込まれるプランです。
対象となる車種は、自家用5車種(自家用普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車・小型貨物車・軽四輪貨物車)となります。
対人・対物を問わず、保険会社が示談を代行します。

(※2 【PAP(パッケージ・オートモービル・ポリシー:自動車総合保険)】

対人・対物・自損事故・搭乗者傷害・無保険車障害の、5つの保険の補償内容がセットとして組み込まれ、車両保険を付帯するかを任意で選べるプランです。
バイク、トラック、レンタカーも対象となります。
保険会社の示談サービスは、対人事故に限られ、対物にはつきません。

(※3 【BAP(ベーシック・オートモービル・ポリシー:一般自動車保険)】

全車種を対象としており、企業・業務用車両に保険をかけるときに、一般的に選ばれるプランです。基本的に示談交渉サービスはついていません。

(※4【ドライバー保険(自動車運転者損害賠償責任保険)】

運転者自身にかける保険で、他人名義の車や、レンタカーを借りときに起こした事故を補償するプランです。
配偶者や、同居する親族が所有する車は、対象外になります。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート