交通事故では健康保険が使えないと思っていませんか?

「交通事故の場合は、健康保険が使えない」と思っている人が多くいるようですが、これは間違いです。
健康保険には、国民健康保険、勤務先の組合健保など、さまざまな種類がありますが、交通事故に遭ったときの治療には、どの健康保険でも利用することができます。ただし、通勤中や勤務中の事故は、労災保険が適用されます。

被害者が健康保険を利用することによるデメリットはありません。特に、被害者に過失が認められる事故の場合は、自由診療では治療費全額に対して過失相殺がなされますが、保険診療では窓口負担分の3割に対しての過失相殺となるため、健康保険を利用したほうが有利になる場合がほとんどです。
また、自由診療は治療費が高額になり、自賠責保険の限度額を超過する場合も多いので、加害者が任意保険に未加入だったり、支払能力がなかったりした場合、超過分が被害者負担になってしまうこともあります。

「交通事故の場合は、健康保険が使えない」という誤解が根強いのには、現在の診療報酬制度において、保険診療よりも、健康保険を使用しない「自由診療」のほうがより多くの診療報酬が請求できる、という背景があります。ですから、医療機関も積極的に健康保険の利用をすすめることはしません。また、一部には、自由診療を促すような説明をする医療機関も存在しているようで、健康保険の利用についての相談は少なくありません。

原則的には、健康保険証を医療機関の窓口に提示するまでは自由診療となりますので、できるだけ早く医療機関に健康保険の利用を伝え、交通事故である旨の届出(第三者行為による傷病届)を市役所、社会保険事務所等の指定用紙で申請してください。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート