交通事故における示談とは

【示談】とは、民事上の争いを当事者同士が話し合いで解決することです。

交通事故の場合は、加害者と被害者とになりますが、加害者が任意保険に加入していた場合、任意保険会社が加害者の代理として交渉にあたることも少なくありません。

示談では、加害者側が支払う損害賠償額を提示し、被害者がその額に納得して同意したら、示談成立となります。その際、後日のトラブルを防ぐために、示談書を作成し、双方が署名・捺印するのが通常です。人身事故の約95%が、示談で解決しています。

一度示談が成立したら、特別な事情がない限り、内容を変更・取り消しすることはできません。
示談成立後に後遺症が発覚した場合は、損害賠償額の増額を請求することは可能ですが、事故との関係性、示談交渉時に後遺症を予測できなかった原因を立証する必要があります。

示談書の作成

示談書の記載項目は、当事者(加害者・被害者)の住所氏名、加害車両の登録番号、事故の発生日時、場所、発生状況、示談内容、支払方法、示談成立日付、署名・捺印などです。また、被害者は示談成立後に一切の異議申し立てをしない旨の誓約文が入るのが一般的です。

損害賠償金が分割払いとなる場合は、示談内容を確実に実行させるために、万一に備えて、違約条項を入れる、連帯保証人をつける、裁判をしなくても預貯金や不動産の差し押さえなどの強制執行手続きができるようにする、といった内容を加え、強制執行認諾条項付公正証書にしたほうがよいでしょう。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート