自賠責保険

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、対人事故を起こし、他人を死傷させてしまった場合に補償するものです。他人に与えてしまった損害に限定され、加害者側の損害や、対物・自損事故は補償の対象になりません。
賠償金の限度額が定められており、たとえば被害者1名が傷害を受けた場合は120万円、死亡した場合は3000万円と設定されています。

自動車損害賠償保障法により加入を強制されている保険で、未加入のまま自動車を運転すると、行政処分及び刑事処分の対象となります。

任意保険

自賠責保険と違い、任意加入の保険です。被害者の損害が、自賠責保険の限度額を超えた場合の超過分の賠償額や、物損、対物・自損事故などを補償するものですが、補償対象については保険の種類で変わってきます。

また、示談交渉を保険会社が代行するサービスがついている場合がほとんどです。

自賠責保険 任意保険
加入義務 強制加入 任意
補償対象 対人のみ 保険の種類によって対人・対物・自損なども補償
支払限度額 上限あり 契約による
過失相殺 過失割合が70%以上の時のみ減額 過失割合に応じて減額
示談代行 なし あり(保険の種類によってはなし)
免責事由 少ない 多い

過失相殺における相違点

任意保険では被害者の過失割合に基づいて、その分が損害賠償額から差し引かれますが、自賠責保険では、被害者の過失が70%未満であれば減額されません。

[自賠責保険の過失相殺]

被害者の過失割合 減額割合
死亡または後遺障害 傷害
70%未満 減額なし 減額なし
70%以上80%未満 20%減額 20%減額
80%以上90%未満 30%減額
90%以上100%未満 50%減額

自賠責保険の請求方法

自賠責保険の請求方法は、加害者請求と被害者請求の2種類あります。

加害者請求

加害者が被害者に損害賠償金の支払いをした後、直接、自賠責保険を請求する方法です。

被害者請求

被害者が直接、加害者の加入する自賠責保険会社に請求する方法です。加害者が任意保険にも加入している場合は、自賠責保険ではカバーされない分を加害者の任意保険会社に直接請求する場合もあります。

加害者が自賠責保険に未加入、もしくはひき逃げの場合

加害者が自賠責保険に加入していなかったり、ひき逃げで加害者不明の場合は、自賠法に基づく政府保証事業制度を利用することになります。この制度は、健康保険の利用が前提となっています。日本国内の保険会社であれば、請求を受け付けています。

自賠責保険請求の流れ

  1. 1.損害賠償金または保険金の請求

    加害者の加入する自賠責保険会社に対して、加害者もしくは被害者が損害賠償金や保険金を請求します。

  2. 2.自賠責保険会社による事務手続き

    自賠責保険会社は、加害者もしくは被害者から提出された書類を自賠責損害調査事務所に送付し、調査を依頼します。

  3. 3.自賠責損害調査事務所による調査

    自賠責損害調査事務所は、加害者側の賠償責任や損害額、過失割合などを調査します。

  4. 4.自賠責保険会社に調査結果を報告

    自賠責損害調査事務所は、自賠責保険会社に調査結果を報告します。後遺障害があり、被害者請求している場合は、自賠責損害調査事務所による後遺障害等級認定の結果が被害者にも報告されます。

  5. 5.自賠責保険会社による支払い額決定、支払い

    自賠責保険会社は、調査結果に基づき損害賠償金や保険金の支払額を決定した後、請求者に支払います。

慰謝料の額や保険会社の対応にお困りの方
弁護士が損害額倍額の交渉をします!

  • 全国対応・24時間無料相談受付
  • 医療調査もサポート